声劇とかいうオナニー。

声劇というのにハマって最近Skypeを通じて色々な人と台本を読みあっています。

※声劇とは台本を決めて、男1女1の場合だったら男女ペアになって役になりきって演技しながら読みあげていくもの。
言わば素人の声優ごっこです。


実際に自分が台本を読んでいて思うのですが、声優って本当にすごいって思います。
アニメで何気なく聞いているキャラクターの叫び声一つとっても、あんなに上手く出来ません。もの凄く難しいです。

声優になりたいっていう人は多いようですが、一度声劇というのをやってみるといいです。
役を演じる事は楽しいですが、難しさを肌で感じると思います。


声劇自体、廃れていってるものなのか、やっている人は少ないです。
昨日一緒にやった人と偶然また別のグループで出会って、「ああ昨日はどうも」って事が多々あります。


声劇はやっている時は楽しいです。泣く演技の台詞とか、感極まって涙を流しながら言ったりして終わった後、なぜか気持ち良さが残ったりします。


ただ、こっからは冷めた意見なのですが、冷静に考えてみると自分も含めてこれをやっているのは気持ち悪いです(まじで自分も含めて)

完全なオナニーなわけですから。恐らくほとんどの人は他人の演技なんてそんなに聞いてないです。僕はまれに聞き入る事もありますが。

下品な例えですが、アニメの舞台裏をAVだとしたら、声劇は各自好き勝手にオナニーしているような感じ。
一つの作品を作るというよりも、それぞれが気持ちよくなりたいみたいな。

声劇の中にもガチ勢とかいるみたいで、演技の上手い人だけでやりたいってグループがあるみたいですが素人は素人です。
映像と合わせながら演技している声優と比べてみても、同じ土俵に立てるわけがありません。


自分もやっている身でありながら何だか批判的な事を書いてしまいましたが、自分でも何故急にこんな事を書きたくなったのか分かりません。


オナニーだなんだって散々言いましたが、演技する事自体は本当に楽しいです。
まぁこういう自己満足もあるんです。どこかでSkypeでお会いしたら僕のくっさいくっさい演技が聞けます。

では
スポンサーサイト

アニメ アカメが斬る! 感想。

めちゃくちゃ面白かったです。
akame_ga_kill_42_convert_20170618101903.jpg
24話で完結なんですけど3日間で一気に観てしまいました。最近観たアニメの中だと一番当たりなんじゃないかって思うほど面白かった。

正義の反対はもう一つの正義っていうのがこの作品のコンセプトだと思うんですけど、悪役のキャラも濃くて見応えがある作品でした。

残酷な描写が多いので苦手な人は注意が必要かもしれません。BLOOD-Ⅽほどじゃありませんが。


いやぁ~久々に良いアニメ観れました^^

睡眠薬に頼る生活。

2週間くらい前から睡眠薬を飲み続けています。

飲み始めた頃は薬の効きも良くて朝の目覚めも良かったです。まるで僕にとって魔法の薬でした。
朝の目覚めが良いと、思考はクリアで些細な事にもイラつかない。朝の散歩をスキップしながら歩きたくなるほどです。
こんなに気分が違うんだって驚きました。


しかし最近だと薬の効きも悪くなっていって、翌日頭痛がする事もあるので飲む事をやめています。
やはり魔法は魔法でしかなかったのです。童話の中のカボチャの馬車のように時間になれば消えてしまうようなものです。


翌日の後悔を思い出してやめようと自制していますが、今でも眠れない時は薬に手が出そうになります。

僕は麻薬に手を出す人は馬鹿だと思っていますが、やめられない気持ちというのも少し分かります。
刹那的でも「あの時に戻りたい」だとか「今は何とか良い気持ちでいたい」って思いは「今日はどうしてもぐっすり眠りたい」って思いとどこか通じる気がします。

不眠症の方なら分かると思いますが、眠れないというのは本当に辛いものです。睡眠といのは人生に大きく関係します。
何とか睡眠の悪循環を断ち切りたくて、日中眠気を我慢して散歩したりジムに行ったりしています。キツイ時はカフェインに頼ったりしていますが・・・


生まれ変わりたいって時々思います。

いやー・・・

平日によく渋谷に用事がてら散歩したりするんですけど、あそこは平日でも人がわんさかいます。

みんな何してるのかなって思う。 フリーランスなのかニートなのかナマポ受給者なのかよく分からない人達で溢れかえってる。

あれだけの人達が平日の昼間にショッピングを楽しめるんだから日本は思ったよりも全然ゆとりがあるのかも分からねぇ。



最近はもう何もしてないです、ほんと。YouTube見て日が暮れる毎日です。
失業給付が12万くらいで家に入れるお金もあるため、あまり無駄使いを出来ないので質素な生活を心がけていたら、もうほとんどお金を使わなくなりました。

当たり前のようにコンビニに寄ってお菓子を買っていたのも、いつの間にかしなくなりました。

しばらく甘いものを食べていなかったのですが、つい先日親が僕にカステラをくれましたが、一口食べてその甘さに驚きました。

「甘っっっつつ!!」って。

コンビニで売られてるようなカステラだったのですが、下品でしつこい甘さが口の中に広がって吐きそうになりました。

あれだけ好きだったはずの物がしばらく食べていないうちに食べられなくなりました。

砂糖というのは麻薬以上に中毒性が強いものだと色々な本で書かれています。
しばらく取っていないうちに体から毒が抜けて、受けつけなくなったのかもしれません。



あぁ・・・でもまた仕事に就いたらストレスから甘いものを欲してしまうんだろうなー・・・







「ちょっと今から仕事辞めてくる」を観た感想。

先日観てきました。
thGCCK4L5R.jpg
面白かったです。後半ちょいグダったけど前向きになれる映画で邦画も捨てたものじゃないなーって思いました。

あらすじとしては、ブラック企業に勤めている主人公がある日我慢の限界を迎え、自殺をしようとした時に出会った謎の青年との物語を描いた作品なんですけど。

作品自体は置いといて、ブラック企業が嫌になって自殺を考える人ってあほじゃないかなって思う。
ナントカまつりっていう東電の社員が自殺した話とか、僕からしたらそんなに嫌なら何もかも投げ出せばいいって思う。

「すぐに辞めたら次の就職先が決まらない」とか言う人いるけど、そんなのまやかし。

僕も新卒1年で辞めたけど、正直にこれこれこうできつかったんですって言ったらすぐにバイトでも派遣でも正社員でも採用されたんですから。


世の中のそういった意味の分からない風潮というのは、お偉いさんが勝手に作ったものじゃないかと思う。


すぐに辞めたら次の就職先が決まらない→すぐに辞められたら採用にかかったお金が無駄になる。

就職したら最低3年は続けろ→その業界でそんなに長く勤務させたら今さら、別の業界に移ろうなんて思わなくなるだろうし移りづらい。

とかそんな感じだと思う。

東電自殺の人とかガチガチに考えてる人とか「ニートの歩き方」を読ませたいなーって思う。

世の中そんなにガチガチに考える必要なんてない。

プロフィール

okaka

Author:okaka
ゆとりです。できるだけ日記を書いていきたいと思います。
気軽にブロともになってくださいね。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR