相変わらず生きてます。

相変わらず生きてます。障碍者パスで地下鉄乗り放題なので、交通費がかからずに図書館や映画館に10分で行けるんですよ。
なので最近ではそこで毎日時間潰しています。

図書館で本を借りるんですけど、どうも集中力が続かなくて一冊しっかり読み切るという事が出来ていません。
読書が趣味ってインテリっぽいし、図書館行けばお金もかからない事なので、何とか自分の趣味と呼べるレベルにしていきたいんです。

何か読みやすい作家さんがいれば教えてくださると助かります。ちなみに僕は新堂冬樹さんの本が好きです。
新堂冬樹さんの作品は読みやすいし裏社会をテーマにしたものが多いのでおすすめです。





それと最近では障害年金を貰えたらいいなって考えています。障碍者雇用で働く事になって最低賃金なので、手当等もろもろ引いて月に7万の収入があればいいほうです。家に入れるお金を引いたら、まず手元にはほとんど残りません。

幸いお金のかかる趣味を持っていないので、そこまで深刻ではないんですが。

今まで正社員や派遣を経験をして、月に15~18万くらい貰っていてお金には余裕がありましたが気持ちの余裕はありませんでした。

少ない給料ですが、毎日を気持ちよく仕事が出来ればいいなと思っています。


今までの経験を踏まえて言えるのが、お金は大切で必要なものですが、持っているお金と幸福度は必ずしも比例はしないという事です。
ってこんな事前にも記事で書きましたね。

手取り7万の男がこんな事書いても負け惜しみにしか聞こえないと思いますが、事実です。
とは言っても月に7万の給料明細を手に取れば、給料の少なさを今よりも実感するかもしれませんし、不平不満も出るかも分かりません。



もう正直これから先の事を考える事に疲れたのも正直な気持ちです。

悲観的に聞こえるかもしれませんが、なるようになるとしか考えていません。

一見すると健常者に見える障碍者の変わった男のこれからの人生をここに綴っていきます。



スポンサーサイト

先日のSkypeでのやりとりの事。

ネガティブ記事なので、そんなの読みたくないという人はバック推奨です。
僕自身書きたくなった事なので記事を書きました。











先日、自分がいつも呼ばれているSkypeの会議から声がかかり参加しました。

いざ参加してみると、そこには以前にコンタクト申請を無視された人がいました。やりづらさを感じつつ会議を始めてて僕も一言言いたくなって、その人に「以前僕のコンタクト無視しましたよね?」と聞きました。

するとその人は「え 知らない」 「たくさんの人からメッセ来てるから一々返せないから知らない」などの開き直った態度を取ってきました。

イラっとして僕は「コンタクトの申請が来てるのに分からないっておかしくないですか? それに平気でメール無視するんですね」と聞きました。


そんな感じで会議の雰囲気が悪くなりつつあった時に、その会議の主催者から僕に「それを今聞くのはおかしいんじゃない? 雰囲気悪くなるからさ」と言われました。


言ってる意味は分かるけど、シカトした相手に一言言いたい僕の気持ちも尊重してくれてもいいんじゃないかと思いました。
その場の雰囲気も2対1の感じになり居心地のの悪さを感じて退室しました。



僕はおかしいでしょうか? 
普通はメールをしたら返信がありますよね その返信をしなかった相手に「何で返信しなかったの?」と聞いたら、知らないだのよく分からない言い訳されて、腹が立たない方がおかしいです。まぁ元々その人のキャラもそんなに好きじゃなかったって事もありますが。





おかしい人間ばっかだよ。僕自身軽度の発達障害だけど、自分がまともに思えるくらい相手の気持ちを考えるって事が欠けている人間が多い。

正直日本の将来が心配だわ。

芸能界で何故コミュ力が重視されるのか考えてみた。

芸能界や声優業界はコミュ力が重要という話をよく耳にします。
芸能人でも何でもない僕が、自分なりに何故その業界でコミュ力が大事か考えてみました。


・人間が感情の生き物だから

これに尽きます。
僕らは学校などで身近な人の作品を評価する時、無意識のうちにその人が好き嫌かも含めて評価していたと思います。
例えば、すごく絵の上手な人の作品でも、その人自身が嫌いだったりすると何ぐせをつけて「上手いけどここがダメだよね」って言った具合に何か文句を付けたかったりするものなんです。

芸能界ではお芝居や歌やトークで、人に評価をしてもらって仕事をもらっていくものだと思っているので、人の感情が深く絡まっている世界だと僕は思っています。
もっというと、どんなに才能がある人でも人に嫌われてしまったら終わってまう業界だと思っています。

悪声(人に好かれにくい声)の芸能人なんかは、ボイストレーニングでそれを直していくっていうのも聞きますから、とにかく印象を良くしておかないと仕事をもらえない世界なんだと思っています。



以上です。こんなのチラシの裏にでも書いとけよっていう内容でした。

まぁ芸能界に限らず、仕事場で男の上司が新人の女の子に妙に優しく接している現場なんかを目撃して、人間関係がある以上、そこに感情が絡んでいるんだな~って考えた事は皆あるはずです(なんだか日本語おかしくてすみません)

人生短いので出来るだけ人には嫌われずに円滑に生きていきたいものです、仮面を被り過ぎているとどこかで悪感情が爆発するのでほどほどにした方がいいですが。


これからも思った事色々書いてきますよ~ では!

内定をいただきました。

障碍者就労で内定をいただきました。

勤務時間が短い上に時給が低いので給料が10万を切るのですが、体力が無い自分には合っているのかなと思います。

思っていたよりも、早く再スタートを切る事が出来て嬉しいです!

考えてみれば、ブログを通じて同じ悩みを持つ人達と知り合わなかったら、障碍者就労で働いていく事自体無かったかもしれません。
人生は出会いの連続で、そこから色々と学んでいくんだと思います。

アルバイトを辞めて、正社員になってすぐに辞めていった事を今まで書いてきましたが、思い返してみれば色々とあったなと思い、感慨深いです。


障碍者就労がどのような感じかまだ分かりませんが、精一杯頑張っていこうと思います。


弱者って守られているなぁ。

どうも 障碍者手帳を取得したokakaです。

今日は横浜市福祉特別乗車券をもらいに行ってきました。
これは大まかにいうと、市営地下鉄とバスが年間1200円払えば乗り放題という魔法のパスポートです。

よく地下鉄に乗る自分からすれば、恩恵があり過ぎます。

それと先日、映画を観に行った時にダメ元で店員に障碍者手帳を見せたら、障碍者割が適用されて、なんと1000円で観れました。
今まで1800円で観ていたものが、これからは1000円になるという事です。
これもまたよく映画を観に行く自分からすれば、恩恵があり過ぎます。



以前から地下鉄・映画は「料金高すぎ!!」って思っていたものなので、それが実質ほぼ無料、半額になるというのは正直な話、めちゃくちゃ嬉しいです。


くだらない見栄を捨てて、障害を受け入れる事でこんなに恩恵があるなんて最高過ぎます。
これで障害年金の補助も貰えたらどんなに嬉しい事か。


それで僕思うのが、弱者ってつくづく守られているって思うんですよ。

税金にしたって金持ちがたくさんの税金を払う事で世の中回っているじゃないですか。

貧乏人は金持ちを嫉みますが、本当は金持ちの背中に貧乏人がおんぶ抱っこされているのが事実なんです。
金持ちが貧乏人と同じ税金しか払わなかったら、この国はパンクしてますからね。すでに空気が少しずつ抜けている状況かもしれませんが。


これからは自分が受けられる恩恵は一つ残らずもらっていこうと思っています。世の中図太い人間が得をする仕組みになっているので。


以上、魔法のパスポートを手に入れてウキウキなokakaでした。

プロフィール

岡崎トム

Author:岡崎トム
ゆとりです。できるだけ日記を書いていきたいと思います。
気軽にブロともになってくださいね。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR